« 297号製作中 | トップページ | 297号完成 »

日の丸を振ってきました

家から徒歩20分のところにある農業センターに、皇太子が視察にみえるということで、見物に行きました。建物自体に近づけるわけはないので、途中の県道に向かいました。川沿いの路地から県道に出た途端、私服警官に呼び止められました。「お見送りなら向こうの空き地に行ってください」
県道の細い路側帯を20メートルほど歩いたところで、後ろから大型バスが来たので、やり過ごすために道路わきの駐車場に止めてあった2台の車の間で立ち止まったところ、バスの中の制服警官10人以上が、身振り手振りで、先の空き地に行くように指示するは、マイクで「立ち止まらないでください」と放送されるは、バスが数十メートル先で止まって警官が降りかけるは・・・。慌てて駐車場を出て再び、最初に指示された空き地まで歩き出しました。いや~、皇族に対する警備をなめていました。
空き地に到着して、日の丸をもらって、10分もしない間に黒塗りの国産車が目の前を通過しました。わずか1,2秒ですが、数メートルの距離でお顔を拝見することが来ました。
別に天皇家に特別な感情を持っているわけではないのですが、なぜか暑い中を出かけて行って、なぜか日の丸を振っている自分。何か落ち着いた気持になった、という妻。このぼんやりとした気持ちが心地よい1日でした。
ところで、一つ疑問なんですが、あの日の丸はだれが配っているのでしょう。ネットで調べましたが、いまいちわかりませんでした。

|

« 297号製作中 | トップページ | 297号完成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日の丸を振ってきました:

« 297号製作中 | トップページ | 297号完成 »