« あけましておめでとうございます | トップページ | 155号はほぼ完成 »

疑問消・続報

SAVE0589SAVE0589c滋賀県内の疑問消に関して、某氏より多くのカバーが送られてきました。
カタログオークションに関わった経験がある方で、
出品物として送られてきたものを保存されていたとのこと。
出品者は、SEVENに送られた方と同一です。
もちろんこれら全ておかしいというわけではありませんし、
おかしいというだけで、作為的な消印だと断定できる根拠もありません。
状況証拠や、複数の方の証言を積み上げて、
少なくともSEVENの出品物としての価値は見出せないと結論付けるものです。

特徴
・消印に、不自然な濃淡がある。
・切手が粗末。汚れていたり、シミがあったり、多くは糊無しを貼っているようにも見える。
・宛名は白紙にコピーした物を切り貼りしていたり、セロ窓封筒(企業差出)を使っている。

画像掲示板に高崎さんが書かれている帯封も、これらの仲間でしょうか。
http://www.yushu.com/photobbs/bbs.cgi の281番

これまでお伝えした単片やカバー類などを見かけられましたら、
購入されないよう、お勧めします。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 155号はほぼ完成 »

郵趣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48027/2457434

この記事へのトラックバック一覧です: 疑問消・続報:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 155号はほぼ完成 »