« 149号の入札 | トップページ | 手数料 »

辛い出品物

今日は大口の出品物(といっても300点程度ですが)が届きましたが、
大半は掲載せずにお返しすることになりそうです。
こういう勘違い出品は7月に入って2回目。
ありふれているとか、状態がよくないとか、そういったこと以前に、
あなたは本当に切手を集めているのですか、と尋ねたくなります。
SEVENのように主に戦後の切手を扱っていますと、
切手なら何でも300円以上で売れると勘違いする方があるみたいです。
確かに一歩間違えばごみになりかねないものでも、
写真版にしているのはそれなりの理由があるからなんですよね。
そういうことを知ろうともせず、
同じ切手だから、同じ消印だから、で私を頼られても困ります。
いきなり送りつける前に、ちょっと相談してくだされば、
それなりのお答えができたはずなのに。
余計な手間と経費を、お互いが浪費する結果になってしまいました。

|

« 149号の入札 | トップページ | 手数料 »

SEVEN作成日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辛い出品物:

« 149号の入札 | トップページ | 手数料 »