« 一区切り | トップページ | 150号途中経過 »

返品

149号で返品が1点。
938番 近代美術三郎助 (試)京橋 初日(記述のまま)
試行印の初日かと思ったら、ぜんぜん違う日付だ、ということ。
もちろん、切手の発行日(初日)が正解。
一瞬、確かに紛らわしい表現だなーと思いましたが、
でも、「初期」とか「~日目」とかいう表現はいくらでもあるが、
これらを消印の「初期」「~日目」と思う人がいるでしょうか。
実際、すぐ下の939番は欧文三日月の初日印で、
938番と同じ論理でいくと、欧文三日月の初日印になってしまいます。
「(切手の)発行日」と書けばすむことですが、1文字でも減らしたい時があるものです。
落札者は試行印しか集めていないような方で、
それしか見ていないから変な勘違いをしてしまいます。
一段下を見ていれば、ありえない間違いですから。
もちろんこの切手では試行印の初日はありえないので、
その意味でも、938番の記述は間違いではありません、
と言うのはちょっと酷ですね。

|

« 一区切り | トップページ | 150号途中経過 »

SEVEN作成日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 返品:

« 一区切り | トップページ | 150号途中経過 »