« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »

2003年9月

141号製作開始

昨日から入札欄を作っています。
今月は出品物が少ないな~と思っていたところ、昨日と今日で3件ずつ到着。
ほぼ従来通り集まりました。
現在200点掲載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もひとつフィクション

「最低値の下限が300円になったんですね。
私はこれまで200円のものを出品してきましたが、
これを300円に値上げするのは入札される方に対して心苦しいですし、
落札率が下がりそうです。
私だけ300円未満の出品を許していただけませんか。」

「300円で落札されにくいものを出品されましても・・・。」

140号の落札品は本日全ての方に発送しました。
139号の出品物の精算も終了。
送金手続きは済んでいますので、電信振替の方は入金していると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

140号の落札品

あと少しで終了です。
今日は大部分のゆうパックと普通便を発送しました。
明日の午前中に書留60通を発送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィクションです

「出品物を送ります。全てお任せします。
最低値は一任します。落札値にはこだわりません。
手数料が高くなっても構わないので、全点掲載してください。
不落札品があっても返送不要。どなたにでも差し上げてください。」

「SEVENは入札誌です。高く売るのが商売です。
安くてもいいならご自分で値段をつけて即売されたらいかがですか。
売れなかったら処分しろ・・・お気持ちは判らないでもありませんが、
入札者に失礼ではありませんか?
捨ててもいいような物を、貴方は人に買わせようとしているのですよ。
だったら初めから人にあげるなり、ごみにするなり・・・。
もちろん貴方にとっては価値が無くても、見る人が見れば貴重品になる物もあるでしょう。
その可能性があるものだけ選んで掲載させていただきますので、
その後の処分はご自分の責任でなさってください。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落札品発送準備開始

明細書が出来ましたので、これから品物の振り分けを始めます。
発送完了は月曜日の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

140号の落札値確定

入札者は141人。
総売り上げとともに新記録達成です。有難うございます。
これから落札値速報を準備します。
メール等での問い合わせはご遠慮願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

140号締切間近

たくさんの入札有難うございます。
130件を突破しました。
あとあの人とあの人が届くな・・・ということで、入札件数はたぶん新記録です。
100件を突破した時点で1番値ベースでの新記録も達成。
落札値を集計するのが楽しみです。
入札は明日の朝(私が処理を始めるまで)到着分まで受け付けますので、
まだの方は今晩中にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラブルメーカー

SEVENの会員番号も660番を突破。
これだけの人の中には、いろいろ変わった人もいるものです。
使用済切手を郵便局に持ち込んで、欧文満月を作っている人の話を
地元の先輩収集家とにしていたところ、
「あ、その人知ってる。高校時代にトラブったんだよね。」
この人、30年以上もトラブルをばら撒き続けているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページの手直し

この日記と掲示板がそろそろいっぱいになり、過去の記事が消えそうです。
過去倉庫に移そうとやり始めましたが、面倒になって、
日記の1か月分を移しただけになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未整理品(9月21日)

部屋の片隅にずっと置いてある箱、開けてみたら百枚束でした。
みかん箱に八分目だからかなりの重さです。
あちこちで買い集めたままそのままになっているものですねえ。
いつになったら整理ができる事やら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JPS福山支部のHP

何とか引越しに成功しました。
とどさんが引っ越して半年もそのままになっていて、
気にはなっていたのですが、
やっと地元の人間が引き継ぐ事ができました。
最初から大きなことはできません。
例会の様子などを、少しずつ紹介できればと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不落札品即売

入札用紙は続々と届いています。現在75人。
今号の締切は水曜日なので、いいペースです。
いつもは10人くらいが利用される不落札品即売。
今回は今のところ5人だけです。
出品点数が少なく、めぼしいものが残っていなかったと言う事ならいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日はビルダー

訳あって、半日近くHPビルダーとにらめっこ。
最近は自分のページさえまともに更新していなかったので、
使い方が怪しい・・・。
何をやったかは、すぐに報告できると思いますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷蔵庫が壊れた

朝起きたら冷蔵庫が壊れていました。
冷凍庫が水浸しで、牛乳もぬるくなっている。
今朝1時までは動いていたので、その後すぐにいかれたのでしょう。
10時になるのを待って電器屋に走ったけど、納品は明日にならないとだめ。
仕方がないので、近くの義理の弟の家に行って、
どでかいクーラーボックスと保冷剤を借り、
スーパーで氷の塊を買ってから家に帰りました。
ちょうど買い貯めしたばかりだったので、3つのクーラーボックスが一杯に。
肉の何パックかはだめになったのかな~。
また半日潰れた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しい

日・月と郵便の配達が無かったので、今日は3日分が到着。
30通くらいあります。
入札用紙も順調に届いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲おろし

六甲颪に 颯爽と
蒼天翔ける 日輪の
青春の覇気 うるわしく
輝く我が名ぞ 阪神タイガース
オゥオゥオゥオゥ
阪神タイガース
フレフレフレフレ

闘志溌剌 起つや今
熱血既に 敵を衝く
獣王の意気 高らかに
無敵の我等ぞ 阪神タイガース
オゥオゥオゥオゥ
阪神タイガース
フレフレフレフレ

鉄腕強打 幾千度び
鍛えてここに 甲子園
勝利に燃ゆる 栄冠は
輝く我等ぞ 阪神タイガース
オゥオゥオゥオゥ
阪神タイガース
フレフレフレフレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福山支部

出席者18人。いつもよりかなり少なめ。
支部長とA先生は箱根で温泉三昧(笑い)
スタンプショウ福山の反省会があったけど、
言わなくてもよい事まで言ってしまったみたいで、もっと反省。
支部といっても趣味の集まり。
やりたい人がやればいいし、参加したくなけりゃ参加しなくていい。
判ってはいるんだけど、ついつい余計な事を言ってしまう。
自分の父親と同年代の方々を前にして、何をやってんだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六甲おろし

今日、10数年ぶりに「六甲おろし」を歌ってみた。
3番まで、完璧に歌えたので安心した。
と思ったら、2番と3番が逆だった。
嬉しいような、悲しいような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見本請求いろいろ

葉書で。
「見本誌代はここ(葉書の裏)に貼り付けましたので、剥がしてお使い下さい。」
消印されてた。

封書で。
「送料分90円を貼った封筒を送ります。代金は90円を引いて210円ですね。」
こんな小さな封筒ではSEVENは送れない。
それに、使用済では郵便料金になりませんよ。

SEVENの見本誌が160円(誌代は10回2000円)だった頃の話し。
「見本誌を読んだがいまいち判らない。
1600円を送るので、見本誌をあと10回送ってほしい。」
本当にあったお話し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

返品

今回落札した百枚束を返品する。
小豆弥勒500枚の中に、赤弥勒が20枚も含まれていた。
こんなにひどい束を見たのは初めてだ。
○×△オークションで買った束なんて、傷物は1枚も入っていないし、
どの束にもきれいな満月消が含まれている。
おたくの束には4%もの異物が混入している事になる。
薬品工場なら1%の数十分の1、数百分の1の精度で物を作っているぞ。
もうちょっと注意深くやってくれないと。
F1レーサーなら、数十分の1秒の油断で命を落とす事にもなるんだし。
とにかく、こんなひどい束を作るのは、きっと切手の知識が無いやつに違いない。
俺からも文句を言いたいので、出品者の住所を教えろ。
・・・何年も業者の倉庫で眠っていた束よりも、
・・・収集家が販売目的で作った束の方がお好みらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ考える

某アマチュア郵趣誌に載ったある文章について、いろいろ考えています。
あまり詳しくは書きたくないので、何の事か判らない方が大半ですね。
執筆者の方がどんな方かは知りませんが、
それを掲載したのは十分信頼の置ける方なので、
ちゃんと検証されている事でしょう。
中傷された方も、以前から親しくしていただいている方なので、
何かの間違いであればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報交換

業者のSさんから電話。
お互い入札誌を発行する身。
情報交換なのか、傷をなめあっているのかよく判りません。
お互いの読者層も重なる部分が多く、いろんな人の消息を聞けます。
SEVENの落札代金を無視しながら、他の入札誌にビッドしていたおじいさんの話も、
彼からの情報で知る事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP更新

長い事ほったらかし状態だったので、ひとつだけ新しいコンテンツを追加しました。
10万HIT達成日当てクイズ。
すっかり忘れていました。
できれば読者外の方に当てていただいて、
新たに仲間に加わっていただけたらうれしいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一休み

140号の発送を終えて、一息ついています。
荒れ放題だった仕事部屋を少し片付けて、
買ったまま積んでいたロットを少しだけ眺めて、
忘れかけていた2件の支払いを済ませて、
今日も早めに寝ます。

140号の出品物をアップしましたので、ぜひ見てやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

140号完成

8時前に郵便局の夜間窓口に持ち込みました。
いや~無事に終わって、ほっとしています。
ここ3日間酷使した左手は、動かすたびにぎーぎー音をたてています。
明日から3日くらいは使い物にならなくなるのかな~?
今日は女房子供は実家に帰っていますので、
これから大酒飲んで寝ます。
ヤフオクで気になるものもあるけど、まあいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

140号は印刷中

現在半分近くまで刷り終えました。
明日いっぱいかかるので、発送は日曜日になりそうです。
レーザーの熱気で、部屋が暑くて暑くて。

ヤフオクに出品していた本郷の日立が終了を迎えました。
あの人とあの人の争いか~と思っていたら、突然「新規」の人が落札。
でも、この落札者も実はSEVENの読者でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと少しもう少し

あとは編集後記を書いて、校正するだけです。
同時に、印刷も始めました。
今号は34ページなので、2日間では刷り終らないかも。
何とか土曜日発送を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

140号は

何とか出品物を掲載し終え、今は写真版を作っています。
何とか明日中に作り終えて、金曜から印刷、日曜日の発送を予定しています。
お待たせしましたが、もう少し時間を下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新切手を交換しませんか

年に1回ほど、大陸の方の未知の方から手紙が届きます。
記念切手の未使用を交換して欲しいというもの。
私は日本切手しか集めていないし、
為替レートを考えたら計算する気にもならないような結果になりますので、
毎回丁寧にお断りする事にしています。
JPSの正会員名簿や「郵趣」の誌上広告を見て送ってくるらしいので、
皆さんのところにも届いていませんか?
たいていが高校や大学の先生なのですが、本当でしょうか。
つい先日もそういう手紙が届いたんですが、返事を書く前に無くしてしまいました。
日本人の評判を落としてしまったか・・・まさかねえ。

140号は830点まで掲載。あと100点ほどです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交換誌をしませんか?

ホームページを拝見しました。月刊入札誌を発行されているそうですね。
私も入札誌を発行していますので、交換誌をしませんか?
貴誌が発行されるたびに私にお送り下さい。私も同じようにお送りします。
お互い会員数が一人増える事になりますし、広告を利用して読者を増やす事もできますね。
え、広告は有料なんですか?貴誌の広告を私の入札誌に載せますので、
私の広告も無料にしてもらえませんか?
私の入札誌は年に4回も発行していますし、100人を超える読者がいますので、
広告の効果は大きいはずです。
それに、入札のほうも楽しんでいただけますよ。
記念切手の未使用ならカタログの50%で出品していますし、
各地の郵便局に郵頼して集めた満月印や初日バーが充実しています。
毎号300点を載せるのは骨が折れます。
あなたのところは月刊だそうだけど、内容は大丈夫?
使用済が多いそうだけど、ちゃんと分類できてるの?
最近は偽消が多いそうだから、気を付けないとね。
ろくに知識も無いのに入札誌を発行している人が多いって聞くから。
あ、あなたのことを言ってるんじゃないから。
発行回数が違うって?私のところはそこそこ充実してるはずだから、いいんじゃない?
ページ数だってうちは16ページもあるんだから。
それにこれからもいろいろ情報を回すから、交換誌をしませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年8月 | トップページ | 2003年10月 »