トップページ | 2002年8月 »

2002年7月

128号製作開始

少しずつですが、128号の準備を始めました。
とりあえず出品物の整理です。
今回は早めに到着したものが多く、すでに10人分以上が届いています。
カバーが大目かな。
8月はスケジュールが詰まっており、早めに作りたいのですが、
どうなることでしょう。
出品物はまだまだ募集中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

127号の入札

現在60件ほどの入札が届いています。
今回は出品点数は少なかったのですが、
単品で万を超えそうなものが多く、
総落札額はかなりのところまでいくみたいです。
目立った人気品はないのですが、
記念切手の中に、高騰しそうなものがあります。
BBSで高村さんがいわれている通り、
表紙に載らなかったものが人気の上位を占めそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoooオークション・2

私自身、ネットオークションで切手を売買したことはありません。
かなり前、面白半分で、ゆうパックカード2枚組(シール完貼)
というのを買ったのが唯一の経験です。
今後もまず利用することはないでしょう。
なぜか。現状で満足しているからです。
現在でもオークションカタログが毎月何冊も送られてきますが、
それさえ完全に目を通すことができないでいるのに、
このうえ新たな媒体を必要としていません。
売るにしても、自分で入札誌を発行していますので、
少々落札値が安くなっても(本当に安いのかは知りません)
自分の入札誌に載せたほうがよい。
ネットオークションのどこに魅力があるのか、
ぜひ教えていただきたいものです。
その長所をSEVENの編集に生かせるものなら、
こんなにいいことはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も小学校のプール

今日も二人の子供を連れて小学校のプールです。
一昨日と違い、今日は子供会名義でプールを借りているので、
親同伴を条件に、何をやっても自由というものです。
妻は相変わらずダウンしていますので、私が子供の相手です。
集まったのは4家族の子供6人+親の計10人。
これだけでプールを独占するのですから、
いくら25mプールといっても、十分すぎるくらいの広さです。
3人の母親と6人の子供に混じって、私も存分に水に浸かってきました。
おかげで日焼けが悪化して首筋が痛い。肩は筋肉痛です。
ここ1週間はSEVENの仕事は一休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahooオークション

カタログオークションのホームページで、
ネットオークションの話題で盛り上がるとは変な話ですが、
それだけネットオークションが注目されているということ、
逆に言えば、オークショニアがこれまで
まともな営業をやってこなかったということではないでしょうか。
実際大手といわれるオークションでも、
あそこは気をつけろというところはありますし、
地方オークションにいたっては、やりたい放題。
小判や菊が並んでいるのに、欠点の記述が一切ない。
これで写真版がなければどうやって状態を判断するのでしょう。
オークショニアの明らかな発送ミスのため返送したら、
現物が送られてきたのは1ヶ月もあとの次の入札誌の発送時。
私なら、返品に要した送料と詫び状とともにともに、
到着した翌日には返送します。
出品手数料30パーセントという入札誌もあるとか。
SEVENの10倍ですね。
こういうオークショニアの横行が、Yahooの隆盛につながっていると思います。
でも、オークショニアの仕事はカタログの製作だけではないはず。
商社とか代理店的な役割があるはずですし、
そうでなければ手数料をいただく意味がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームページが賑わっています

ここ数日、ホームページの訪問者が1日100人を越えるようになりました。
掲示板も賑わっています。
SEVEN出品物の裏話のようなことは、多くの方の興味をひくのでしょう
訪問者が増えるから掲示板が賑わうのか、
掲示板が活発だから訪問者が増えるのかは知りませんが、
SEVEN読者の交流の場として設けたホームページですので、
より多くの方のご参加をお待ちしています。
管理人の登場の余地がないくらいがちょうどいいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレンダーの効用

カレンダー作りは、単に数字を並べるだけではありません。
第1種用切手と言うだけであってよく調べられており、
新たな発見というのはなかなかありませんが、
通説を身を持て体現するという面では、大きな効果があります。
対象となる切手は、10円観音、桜、15円旧菊、新菊、20円松、
50円緑弥勒、桜、60円鐘、貝、62円貝、雉鳩、80円ヤマセミの計12種。
発行年ですら難しいのはやはり15円新菊。
ほかは、発行後2ヵ月も経てば駄物になることがわかります。
(20円松と60円鐘は適応使用になるので除外)
一番集めやすいのは15円旧菊で、1年分を揃えるのも簡単そうです。
櫛型印の24時間表示の最古は、東舞鶴の40年8月9日というのを持っています。
41年でも戦後型が主流のようです。
試行印は数百枚ありますが、同じ局が多く、少ない局は本当に少ないものです。
特定局でも神奈川長井や大磯は比較的多く、
逆に東京や大阪、名古屋などの中央局はほとんどみられません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

私のメインコレクション

収集家同士が話をするとき、挨拶代わりに、
「何を集められていますか?」というのはよくあることです。
私の場合、以前は「入札誌を発行していると、集める暇がありません」
と味気ない答えをしていたのですが、
最近ひとつだけ答えることができる分野ができました。
それはカレンダー作り。
年号に拘らず、1月1日から12月31日を集めるという方は時々ありますし、
ある特定の年の日付を集めるというのもよく聞きます。
しかし、私の場合は究極のこだわりです。
昭和28年7月10日(10円観音の発行日)以降、全ての日にちを集める。
切手はそのときの1種封書用のもの、
消印はそのときの最新の手押し印。
つまり、57年5月31日からは三日月試行印、
61年4月1日からは丸型印で集めることになります。
まあ、最も存在量の多い組み合わせではあるのですが、
15円新菊以降は機械印が多くなり、手押しの鮮明印は集めにくくなりますし、
42年7月以降は少ないといわれている新菊の発行年、
試行印を4年分集めるのもなかなか骨です。
始めて15年ほどですが、約18,000日のうち、1万日(60%)ほど集まりました。
金も時間もかけるつもりはありませんが、
できるだけ正位満月を心がけ、
少しでもきれいなものに取り替えていますので、
数万枚の切手を貼り替えているはずです。
365日が揃った年はありませんが、41年はあと20枚ほどになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

127号の入札

127号の入札が届き始めています。
早速、表紙の8点を始め、なかなかの高値が入っています。
単品で1万円を超えるものもちらほら見受けられ、
いったいどれくらいの落札値になるのか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hさんからの手紙・3

1年半か2年か、Hさんから手紙が来なくなって、
私のほうも彼の存在を再び忘れかけていました。
そして再び突然の手紙が届いたのは7月の頭のこと。
文章は前以上に混乱しており、文字も判りにくくなっていました。
お茶でもこぼしたのか、シミのついた便箋に、
相変わらず自分の近況を一方的に書き連ねてあります。
父親に心配をかけていること、母親に悪いと思っていること、
交通事故を起こしてしまったこと、新しい看護婦に目移りしていること。
支離滅裂ではありますが、
何かを私に訴えているような気がしてならないのです。
20年以上の時を経て、会ったこともない私に何を伝えたいのか、
それを私は理解してあげることができるのか、
彼が望む限り、この奇妙な文通を続けてみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・Hさんからの手紙

Hさんからの手紙はいつもノートの切れ端に鉛筆書き。
内容は、家族のこと、趣味のこと、好きな食べ物のこと、
看護婦の"玉緒"さんのこと、昔の切手集めのこと、
競艇のこと、妹の長男のお尻におできがあること、
そして自分の病気のこと。
とにかく自分の近況や興味のあることを、
書き連ねるというよりは、殴り書きといった勢いでした。
私のほうもそれに合わせて、高校や大学での出来事に始まり、
現在の仕事や趣味のことについて少しずつ書き送っていました。
こういう手紙のやり取りが月に1回、半年ほど続いたころ、
ちょっと気になる反応がありました。
私が、結婚して子供が2人いるということを書いたところ、
次の手紙の中で、何度も"うらやましい"という言葉が出たのです。
さらに、近々広島のほうに旅行するので、
半日ほど時間をとって会ってほしい、とも。
戸惑いもあったし、平日の昼間に半日も時間をとることはできないので、
遠まわしに断りの返事を出したところ、
それっきり手紙が来なくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hさんからの手紙

私が中学時代、「切手マガジン」を媒介にした同人誌が
流行っていたことは、この日記にも書いたことがあります。
そのときの仲間だったHさんから、今日手紙が来ました。
彼との付き合いは20年ほど前の、ほんの1~2年だったはず。
あまり親しくはなかったのですが、
名前が私と似ているということだけが記憶に残っていました。
多分、私と同姓同名というのは日本中探してもいないと思いますが、
彼の場合、特にローマ字表記したら驚くほど似ているのです。
その彼から突然手紙が届いたのは、2年ほど前のことでした。
ノートの切れ端に鉛筆書き、文章も支離滅裂で、
とても40前の男が書いた手紙とは思えない。
なぜ手紙をよこす気になったのかを読み取るのさえ
苦労する有様の文章の最後に、このようなことが書いてありました。
「鬱病を患って、何年も通院している。
JPSの"郵趣"で名前を見つけて、懐かしくて手紙を書いた。
良ければ文通してほしい。」
はっきりいって戸惑いがありました。
文通をするというのも20年ぶりのことだし、
何よりどう接していいのかわからなかった。
でも、せっかく久し振りに手紙を書いてくれたのに、
自分のありのままを晒してくれたのに、
無下にお断りして良いものか自問して、
とにかく近況を報告しあう手紙をやり取りすることにしました。
続きは明日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は切手の話をしません

子供の日に、実家の近所のホームセンターで、
カブトムシの幼虫をもらいました。
恥ずかしながら、これまで幼虫を育てたことがなく、
子供に教えることができません。
それで、ホームページを検索し、
カブトムシVSクワガタムシ
というサイトを発見して、
マニュアルどおり、水槽を買って、マットを買って…。
そのうち、息子が保育所からの帰り道に、
クワガタのメスを2匹も発見。
妻の父も10匹以上のクワガタを捕まえて、
息子のために持ってきてくれる。
そのたびに水槽とマットと、昆虫ゼリーと蜂蜜と…。
必要なだけ買い揃えていったら、
狭い我が家は4個の水槽で埋まってしまいました。
10数匹のクワガタと1匹のカブトムシが生息しています。
夜中になると一斉に活動を始めるので、
ガサガサとうるさいことこの上ない。
これで6匹の幼虫が羽化したらどうなってしまうのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

127号の発送が完了

無事に局に持ち込みました。
長い長い1週間でした。
このあと、ホームページでの出品物紹介に取り掛かりますが、
今日はどれだけできるか。
ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

127号はほぼ完成

印刷と封筒の切手貼が終わりました。
あとは製本して、封筒に詰めて、糊をして…。
まだまだすることは残っています。
明日の夕方には局に持ち込みます。
いつもは金曜日発送が多いので、2日早いことになります。

今日、3500枚ほど刷ったところでトナーが切れました。
1万枚刷れるというカタログ値を信じていたので、慌てました。
すぐにパソコンショップで在庫を問い合わせて、
何とか入手できました。
写真版のための高画質モード(600dpi)を、
文章のページを刷るときに戻し忘れていたため、
倍近くトナーを食っていたようです。
しかし、4万円のトナーを毎月買うようでは、
SEVENの会計は破綻してしまいます。
どうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

127号印刷中

印刷を始めようとしたものの、トラブル続出。
せっかくインストールしたドライバーが消えてしまい、
再インストールまで何時間もかかったり、
一部の記号が印刷できず、定義しなおしたり、
両面刷りのときに紙詰まりが多発したり。
それに何より暑い。
冷却ファンから熱風が吹き出します。
真夏にファンヒーターを点けているようなもの。
6畳間の仕事部屋の気温は何℃になっているのでしょう。
こんなことはカタログには書いていませんね。
これまでは原稿を送って、印刷物が届くのを待つだけ。
印刷をお願いしていた竹尾さんの苦労が、今になって身にしみます。
少々金をもらったって、
私は他人の印刷を代行する気にはなれませんね。
何はともあれ、現在8ページ分の印刷が終了しました。
明日、残りの印刷と切手貼で、水曜日中には発送できそうです。
今しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

127号完成目前

今日はJPS福山支部。昨日はプリンターを買うために半日つぶれ、
夕方は息子の保育所の夏祭りだったため、
2日続けて、SEVENの作成があまりできませんでした。
プリンターのセットアップもしたし。
でも、細切れの時間をやりくりした結果、
何とか今日中に原稿ができそうです。
明日は1日かけて印刷をし、切手貼りにさらに1日。
発送は早くて水曜日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーザープリンターを買いました

いろいろ考えましたが、電器屋で見ているうちに決心がつき、
CANONのLBP-1510を買いました。
とどさんにはこれの上級機種を勧められていましたが、
唯一在庫があったこの機種にしました。
定価が10万を65,000円にしてもらいましたが、
1本4万もするトナーもついていますので、
本体は実質25,000円です。こんなんでいいのかな。
トナーの4万円は痛いのですが、2回目からはリサイクルができて、
2万円ほどになるということですので、
そうなれば価格的にも従来に近いものにできそうです。
何より音が静かで、刷り上がりが早い。
今あるインクジェットは年賀状を作るしか出番がなさそうです。
あ、余裕ができれば表紙くらいはカラーですることがあるかも。
今日は1日ばたばたして、SEVENの製作ができませんでした。
明日もJPS福山支部ですので、127号の完成(原稿)は月曜日になりそうです。
印刷に手間取ったとしても・・・木曜日には発送できるかな。
ここは寛大なお気持ちで、今しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリンターを買う予定です

127号は相変わらず作製中です。
SEVENの印刷をお願いしていた竹尾さんが入院され、
127号の印刷先を探していましたが、
思い切って自分で印刷をすることにします。
今のインクジェットでは何日かかるかわかりませんので、
明日レーザープリンターを買いに行くつもりです。
モノクロだったら10万程度であるようですので、
先行投資のつもりで思い切ります。
竹尾さんにお願いする場合、原稿を送って出来上がるまで、
4日ほどかかっていましたが、それを2日程度に短縮できそうです。
手間も経費もかかりますが、その分はより良い切手を掲載して、
皆さんに高く買っていただくことで穴埋めできればいいです。
127号の製作状況は、逐次この日記でご報告しますので、
完成まで、今しばらく見守ってやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

127号製作中

現在出品物を整理しています。
今日現在500点ほど届いています。
出品点数の減少傾向は続いていますが、
平均単価も着実に上昇していますので、良しとしましょう。
今号にも多数のカタカナローラーのほか、
日立機械印や縦書ローラーなど、なかなかのものがそろいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

127号の製作開始

126号の落札品は最後の10通を夕方発送し終えました。
先ほどから127号の製作に取り掛かっています。
出品物はやや少なめですが、
現行切手の珍品と呼べるものが含まれています。
出品物は13日までなら間に合いますので、
よろしければどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

126号の落札処理中

現在封筒詰めの真っ最中です。
一部の書留とゆうパックは今日の夕方発送しました。
残りも明日の夕方には発送を終えます。

「フレンド」の竹尾さんが入院されていたそうです。
葉書の文面からだと、かなりの大手術だったようで、
心配しています。
「フレンド」の復刊は後回しにしてでも、
体力回復に専念されることを望みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

126号の落札値確定

今号の入札者は98人。大台を割ってしまいました。
落札値の一部は今日中にアップします。
今日から1週間はSEVENにかかりきりになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月7日はSEVENの日

今日は7月7日、SEVENの日です。
よく、SEVENの由来を尋ねられますが、たいした意味はありません。
でも、7月7日はSEVENの日なのです。
そして私は今日から37歳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

126号締切寸前

126号へも多くの入札を頂き、ありがとうございました。
Eメール、FAXは明日の朝到着分まで有効ですので、
よろしければどうぞ。
入札数は現在90件。
119号から続いていた入札者100人以上が、7ヶ月で途切れるのか…。
明日は1日家を空けますので、処理は月曜日以降になります。
今しばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

125号精算中

125号の精算が終わりました。
新手数料の対象になる出品者12人のうち、
手数料が安くなったのは3人だけでした。
トータルで2割ほど手数料が増えたことになります。
幸い出品数が大きく減っているわけでもなく、
かえって内容の充実に協力していただいているようです。
いよいよ明日が締め切りです。
入札がお済でない方はお忘れなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

125号の精算開始

新しい手数料になって最初の号で、結果が気になっていましたが、
ほぼ想像通りの結果になりそうです。
詳しくは計算できていませんが、若干出品手数料は増えています。
競り上がりのない安価品中心の出品者の手数料が増えていますので、
その分をSEVENの送料の増加分や、人気品出品者に還元できますので、
より健全な運営につながります。

今日も階下の夫婦は子供(1年生~2歳児くらい)4人を怒鳴り散らしている。
「静かにしろ」「早くしろ」を繰り返すだけで、しつけとは思えない。
子供は泣き叫ぶだけ、それ以上に大きな声で親が怒鳴り散らすので、
近所迷惑なことこの上ない。
まあ、手を上げていないらしいのが唯一の救いか。
こういう馬鹿夫婦がいるおかげで、同年代の子供を持つうちの妻は、
「お宅はいい子育てをしているねえ」と、近所のおばさんに誉めてもらえたりする。
あまり嬉しくはないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2002年8月 »