偽物コレクション 4 愛媛石鎚 色変わりローラー印

Img_0002

偽消の代名詞的なものでしたが、ここ1年ほどの間に、2点が出品物として届きました。本物の印顆を使った後消といわれるものです。明らかな実逓が見つかっていない以上、この局の色変わり印はすべてダメなものと判断するしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

321号発送完了 

321号は今日の昼過ぎに発送しました。多くの方には週明けの到着になる見込みです。全315点。少々寂しいものになりましたが、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

321号製作開始

320号の落札品は昨日までに発送しています。319号の精算も終了。振り込みは終わっていますが、ゆうちょ銀行以外の方には、入金が週明けになる場合があります。

321号は140点掲載。出品物はお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

320号は今日が締切

入札者70人程度。いつも通り、明日の朝までに送信しておいてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

320号はもうすぐ締切

締め切りが近づきました。入札者は50人程度。まだの方はお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偽物コレクション 3 新昭和の鉄郵印

Img_0004

最近出品物として送られてきたものです。もうちょっと右ならよかったのに・・・。でも、雰囲気は新しいし、年号をよく見ると59年。これ1枚を見れば、収集家が古い切手をべた貼りしたもの、と見えなくもありません。でも、以前こんなものもありました。

495625088_205

すべて年号を外して押印されていますが、59年と思われます。さきほどの1枚とは区間が異なりますが、同じ意図をもって作られたと思われます。59年1月といえば鉄郵印の最末期。CTOを作るときに、欲を出したのでしょう。コレクションに加える気にはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偽物コレクション 2 アメリカ局着印

着印が切手に乗っかったものということで、SEVENにも掲載したことがあります。その時に、心ある読者からいただいたのが画像の物です。

Img_0008

よく見ると、日本の消印と、アメリカ局のそれの日付が大きく異なっています。右は年号が不明ですが、高輪の試行ローラーと思われますので、52か53年ですね。どうやら使用済切手を使ったいたずらのようです。中には30円平等院に80年代の日付で押したようなものもあり、作成者のいい加減さを表しています。
もちろん消印自体は本物で、まっとうな使用の下で日本切手に乗ってしまったものは、SEVENでつい最近扱いました。(319号LOT.6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偽物コレクション 1 ゆうパックカード

1回目からゲテモノです。
ゆうパックを10個送れば、次の1個が無料に。使い方によれば大きな割引になっていたゆうパックカードですが、カードの偽物が出回ったため、廃止になってしまいました。もう10年以上前のことです。その時の偽物がこれ。台紙・シールともに偽物です。
Img_0005
上が本物、下が偽物です。郵便局のロゴ以外に、図案もところどころ異なっています。

一応シール部分も。
Img_0006
これも下が偽物です。

今では金券としては無価値なため、偽物が流通することは考えられませんが、一応記録を残しておきます。本物のシールは今でも紙付などに混ざっていることがあり、本物の台紙に貼り貯めていったものが上の画像です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偽物コレクション 前書き

瀬戸内の偽消問題からもうすぐ15年。一応は解決を見たのですが、その時の偽物類が一掃されたわけではなく、まわりまわって、いまだにSEVENに送られてきたりしています。その後の滋賀カバーも同様。ヤフオクで堂々と売り逃げされた例もあるようです。いろいろな偽物類がSEVENに出品物として送られてきたときには、記録を残すようにしていました。画像がたまってきましたので、何度かに分けてご紹介します。何かの参考になれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

320号完成

先ほど印刷が終わりました。明日中に、局に持ち込みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«320号 出品物確定